1floorに通らなかった企画『マルコゥポーロの南蛮トライ(第二のアメリカ、あたかもフランス)』
【詩人】 素潜り旬

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-20 22:41:41

 

『マルコゥポーロの南蛮トライ(第二のアメリカ、あたかもフランス)』

言葉で埋め尽くされた部屋ではマネキンが数十体いる。全てが黒人であり、彼らはカラフルな衣装を身にまとっている。会場に流れているのは、黒人が作らないような現代音楽であり、そこにはアジアを感じる。言葉はどこからともなくやってきては、視覚効果と呼べないうちに消えていく。反復。差異はなく、ただ反復される詩を、現代音楽に混じって聞こえて来る民族音楽がかき消す。ここは日本のようで見ての通り、日本ではない。だから爆発が起こる。いずれ来るテロのような。戦争のような。激しい爆撃音。だが、破壊は感じない。都市のようで、都市ではない。現実ではない。都市だけである。現実を感じるのは。現実ではないから、破壊と感じない。だから自然はなくなっていく。

 

このような展示がしたいです。

乱雑であるが、スタイリッシュな。

(とっちらかるのは勘弁ですよね。お互いに。笑)

黒人のマネキンを買うお金をください。

__________________________________

 

この企画、誰かどこかで、やらせてくださいませんか?なんでもします。

sumogurishun@yahoo.co.jp

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

【詩人】素潜り旬


素潜り旬(中村修人) 詩人。探偵。ガレージパンク朗読バンド・ダンディカウボーイズのヴォーカル。観念的な探偵事務所「素潜り旬探偵事務所」を2016年にブチ上げ、詩集『顔面に沈み込まない都が』ダンカウペーパーアルバム『北摂マッドネス』『マクドナルド神戸PAI山店のクレイグ・ニコルズ』を出版。さらには素潜り旬探偵事務所をYouTubeにて連続ドラマ化する。俳優として瀬々敬久監督の『菊とギロチン』に被災民役で出演。 依頼はこちらまで。sumogurishun@yahoo.co.jp twitter @sumoguri_shun

素潜り旬さんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 わ田かまり

 根本 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ