文章って魂のっかっててなんだか兎に角すごいという話
 加間衣記 kama iki

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-01-25 01:50:59

 

音楽で表現しようとしても、まずは楽器をそこそこ奏でられるようになる必要がある。絵を描くことで表現しようとしても、なかなか”描く”に慣れていないと実際に思い描くものとは違う絵になる。一方文章というのは言葉がわかる人であれば誰でもいつでも書ける一番自分を手軽に示せるものだと思う。大人も子供も、魂があり、自分がある。それをいつだって言葉にできる。いつだって自由だ。

 

先日同居人と文章についてセンスの有る無しで少し討論をした。私は文章というのはセンスではかれないものであって、自分があれば自然に出てくるものなのかなと漠然と考えた。同居人もセンスを感じてしまうような文章というのはあまり魅力を感じないという旨のことを言っていた。

 

いろいろな本がこの世に排出されていっており、文章もたくさん存在している。それをまったくの他人が読めることってほんとにすごいなといつも思う。魂を見てる気がするのだ。そして誰かがその魂を感じた感想をまた発信したりする。

私たちは言葉が喋れるから、他の動物よりすぐれているわけでは決してないと思う。他の動物は本を出版したりはしない。しかし何か私たちと同じように互いの魂を感じるような場面があるような気もする。人間は生きている証を文章で残す。そんな文章たちを私はただただ大事に読んでいきたいのだ。そうして私もまたこうやって文章を残す。生きている。大げさだけどきっとなんかすごい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

加間衣記 kama iki


1日2本〜4本のスニッカーズを食べながら、人間のことなどを考えています。 そんなこんなで文章を書いています。 やっぱり本と音楽はすごいと思うわけです。 T : https://twitter.com/kama_iki ▲ : http://wadakamari.tumblr.com   ▽ : http://321wa123.tumblr.com

加間衣記 kama ikiさんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ