『エアボーン』(ケネス・オッペル)からヤングアダルトのこと
【大吉堂】 戸井 律郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-08-13 14:38:44

先日読みました『エアボーン』(ケネス・オッペル)が、とてつもなく面白かったのです。飛行船が長距離移動手段のメインとなっている世界を舞台にした冒険活劇。これだけでもワクワクが溢れてきそうですが、そこに少年と少女の出逢いと淡い恋心があり、海賊ならぬ空賊の襲撃あり、無人島への不時着あり、なぞの空飛ぶ獣がいて、空賊との最終決着へと流れ込む展開に、のめり込むように一気に読んだのです。
しかしこの作品を知っている人が少ないのですよね。僕自身もほとんど偶然出逢ったのでした。タイトルも作者名も記憶になく、あらすじも書かれていない本でしたが何故か面白そう、きっと面白いに違いないと手に取ったのです。
ヤングアダルトと呼ばれる10代をターゲットとした本は、いわゆる「本が好きな大人」の目に入らないことが多いです。書店でも図書館でも別の棚に陳列されていますから、手に取られないのですね。これは実にもったいない。
ヤングアダルトが扱うテーマは多岐に渡ります。青春の葛藤や生きる悩みを書いたものや、剣と魔法の世界や異世界の冒険を書いたものだけに留まりません。それ故にヤングアダルトが対象としている年代以外の人が読んでも面白い作品がきっとあるはずなのです。何より普段「何か面白い本はないかな?」と思っている人たちの選択肢に入っていないのは、やはりもったいないのです。
なので、ヤングアダルトというジャンルの本を10代の人たちにはもちろんのこと、それ以外の人々にも広く面白さを伝えたい。そう思っているのです。いや、それよりも僕自身その面白さにハマっていますので、もっともっと面白い作品に出逢いたいのです。オススメ教えてくださいね〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大吉堂】戸井 律郎


大吉堂店主。「子どもと大人と本と遊びと」をテーマに、ほんわかぱっぱ。

戸井 律郎さんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【100000t アローントコ】 加地 猛

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 わ田かまり

 根本 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美