夏のよく晴れた日に何もしなかった罪悪感をちゃらにしてくれる本
【編集者・ライター】 石川 歩

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-08-21 19:32:27

「よく焼けと教わった椎茸をもう薦められている」

「犬に挨拶させようとしているから待っている」

「便座を拭いている段階でノックされている」

「目配せの意図は解らないが頷く」

 

なんだろう、この本。

毎日の暮らしで起こる困ったことが淡々と言語化されていて、

そのシーンが浮かんできて、ツボにはまって爆笑しちゃう。

 

あるよなあ、犬が挨拶するのを待っている不思議な時間。

犬の挨拶待ち

 

でも、日常をただおもしろがっているだけではなくて、

かっこ悪い状況もおもしろがれる人になれよって言われているような気もしてくる。

違うかな? そう思うことがもう二人の術中にはまっているのかも。

 

気にとめず通り過ぎることとか、恥ずかしくて誰にも言わないこととかを、

作家のせきしろと芸人の又吉直樹の、

すごい観察力と言語センスで切り取った343ページ。

社会的不器用さん二人の日常がかいま見えて、愛おしい。

 

たとえば、よく晴れた真夏の1日に、

家から一歩も出ずに何もしなかった罪悪感もちゃらにしてくれそうな本です。

 

 

 

私も今日をおもしろがってみる。

さっき起こったあるあるをひとつ。

「宅急便がくる15分前から着替えて待つ」

 

どうでしょうか。

せきしろ×又吉直樹『まさかジープで来るとは』(幻冬社、2010年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【編集者・ライター】石川 歩


暮らし・不動産・建築関係の編集者・ライターです。 本と料理とモータースポーツが好き。 よく鼻歌を歌っているねって言われます。 http://www.doyoubi.info/

石川 歩さんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 わ田かまり

 郁

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ