連載 みどりの本(1) 『種をまく人』
【スロウな本屋】 小倉 みゆき

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-07-17 19:53:22

野菜をいただく機会が増えてくると、夏が来たなと思う。
岡山は都会に比べて、仕事をしながら家庭菜園や畑を愉しむひとが、ゴロゴロいる。
収穫時期も重なるので、同じ時期にあちこちから、
売りに行くほどキュウリをいただいたりもする。
愛おしい岡山の夏。

 

『種をまく人』は、アメリカの少しくたびれた町のお話である。
さまざまな国からの移民が多い、貧民街の一角。
アパートの前の空き地は、ゴミ捨て場と化していた。
ひとりのヴェトナム人の少女が、捨てられた冷蔵庫の陰に、6粒のマメの種を蒔いた。
亡き父を偲んで。

 

マメの芽が出た頃から、ひとり、またひとり、と
空き地を自分の畑にする者があらわれた。
家出した少年、まもなくこの世を去ろうとする老人、
心を閉ざす女性、妊娠したティーンエイジャー…。
野菜が成長するにつれ、孤独を抱えていた人々の間で会話がはじまった。
ゴミ捨て場は、いつしか誰もが使える畑となり、笑顔が生まれた。
町は少しずつ変わっていった。

 

小さな本屋の店主にまでお福分けいただいた野菜たちは、
それぞれの菜園で、どんな時間を過ごしてきたのだろう。

 

種を蒔くこと。
おいしい野菜も、町づくりも、人生も、全てはここからはじまる。

 

『種をまく人』
ポール・フライシュマン 著 / 片岡しのぶ 訳 / あすなろ書房 刊 / 1,260円(税込)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【スロウな本屋】小倉 みゆき


スロウな本屋(岡山県岡山市) 店主。 スロウな本屋は、「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに、 絵本と暮らしのぐるりの本・もの・コトを揃えた、小さな新刊書店です。 http://slowbooks.jp/

小倉 みゆきさんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 わ田かまり

 根本 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト