茨木市のコーネル・ウェスト
【詩人】 素潜り旬

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-02-15 19:31:11
いまだけよろしくどうぞ。詩人、素潜り旬の到着。 毛が胡散臭雲散雲散霧消と生えた絵が見つかったのが茨木市だと知った時には、駅前のスーパーは全部潰れていました。新しく出来た店の名がなんといったかは覚えていないですけれど、コンチクショウと心で二度言ったことは憶えています。ショウウィンドウ?いいえ、違います。ジェイク・ギレンホールにオデコが似ているとネットで話題になっているわたし、素潜り旬はどちらかというと態度がコーネルウェストに似ているらしいですね。キットカットを持つ手が左で、新聞を膝でバランスをとりながら読むところまで似ていると嫁のYさんが言っておりましたが、わたしとしましては、正直ショーケンにしか興味がないので『雨のアムステルダム』(以下ネタバレを含む)のラストで氷の上を滑り死にする彼を観ながら外れた顎を元に戻す作業に夢中になっていたものですから、世間的には優れたxxxをするといわれている河島英五のことなんてわたしはなにも。はい、わたしはなにも。 (現代を照らし出す陸奥の魂…) 最近では、えのきが高いとスーパーに行くと感じますけれど、みなさんはどうですか?えのきだけじゃなくて、しいたけですとか、まいたけですとか、マッシュルームですとか、高いですよね。驚きますよね。ベン・ラーナーもきのこの値段が高くて困ると持ち前のパンピーの時間の味わい方を切り取る手法を駆使しながら『Angle of Yaw (2006) 』で書いていたと記憶しているんですけど、もうなにがなんだか。違いますか?馬渕個別の黄緑色の看板に聞いてみれば分かるとは思いますが、TSUTAYAが阻むんですよね。あ、すみません。これは茨木市の話です。あとはひとりで考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【詩人】素潜り旬


詩人であり、探偵であるが、それ以外の全てでもある。 俳優として瀬々敬久監督の『菊とギロチン』にスリ役で出演。 依頼はこちらまで。sumogurishun@yahoo.co.jp twitter @sumoguri_shun 素潜り旬探偵事務所 (YouTubeドラマ) https://youtu.be/WDi-OIawW-0 映画ブログ 『男の踊り子、映画のような』 http://sumogurishun.hatenablog.jp

素潜り旬さんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 加間衣記 kama iki

 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Kyoto Swimming Girl Magazine

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ