読読

ヨンドク

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-16 温又柔 × 栢木清吾 いくつもの声とともに ー 書く、訳す、物語る 温又柔『「国語」から旅立って」(新曜社)、ニケシュ・シュクラ編(栢木清吾訳)『よい移民ー現代イギリスを生きる21人の物語』(創元社)刊行記念対談

• 2020年 2月16日(日)15:00~17:30 (開場 14:30)

会 場 • 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(大阪市北区鶴野1-9梅田ゲートタワー8階)
• 会場へのアクセス ⇒ https://www.b.kobe-u.ac.jp/access/osaka_room/

申し込み https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSckgZFkHbSEnHEhMfqIZlWMXDaJkwOG2XLB_glGlq0o9UWZaw/viewform?usp=send_form

登壇者プロフィール
温又柔(おん・ゆうじゅう)
• 1980年、台北市生まれ。小説家。3歳から東京在住。法政 大学大学院・国際文化専攻修士課程修了。2009年、『好去 好来歌』で第33回すばる文学賞佳作を受賞し、作家デ ビュー。両親はともに台湾人で、日本語、台湾語、中国語 の飛び交う家庭に育つ。創作は日本語で行う。著作に、 『たった一つの、私のものではない名前my dear country』(Happa-no-Kofu, 2009年)、『来福の家』 (集英社、2011年、のち白水社、2016年)、『真ん中の 子どもたち』(集英社、2017年)、『空港時光』(河出書 房新社、2018年)、『台湾生まれ日本語育ち』(白水社、 2016年、2018年に増補版刊行)、『「国語」から旅立っ て』(新曜社「よりみちパン!セ」、2019年)など。


栢木清吾(かやのき・せいご)
• 1979年、大阪生まれ。翻訳家、研究者。神戸大学国際文化学研究推進センター学術研究員。専門は、移民研究、イギ リス(帝国)史、カルチュラル・スタディーズ。訳書にニ ケシュ・シュクラ(編)『よい移民―現代イギリスを生き る21人の物語』(創元社、2019年)、アーロン・S・モー ア『「大東亜」を建設する―帝国日本の技術とイデオロ ギー』(人文書院、2019年、分担訳)など。著作としては 「おもてなされている日本社会」『現代用語の基礎知識 2020』(自由国民社、2019年)、「差別感情にふれる」 『ふれる社会学』(北樹出版、2019年)、「グローバル 化・移民・都市」『出来事から学ぶカルチュラル・スタ ディーズ』(ナカニシヤ出版、2017年)など。