東京・赤坂

双子のライオン堂

フタゴノライオンドウ

HPhttp://liondo.jp 最寄り駅地下鉄千代田線「赤坂」
営業時間水・木・金・土:15:00~21:00 /日・不定期 定休日月曜、火曜

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-10-14 『文字のデザイン・書体のフシギ』読書会 (本の本を読む読書会4)
10/14(土)18:00~『文字のデザイン・書体のフシギ』読書会 (本の本を読む読書会4)

本の本を読む読書会は、ブックデザイナーのオガワデザインさんを司会にお招きして、
本や出版に関する本を読み解いていくイベントです。

【司会よりコメント】

「フォント」や「書体」という言葉を、普段デザインに関わらない人たちからも、ごく普通に聞くことが多くなりました。ただ、ちょっと専門的過ぎるのか、書籍の本文に使われる“普通”の書体、明朝体のことに触れている一般書はなかなか見つからないのが実情です。
 今回のテーマ本、『文字のデザイン・書体のデザイン』は4人のデザインの専門家が文字と書体の話、特に本文に使われる明朝体やひらがな、カタカナについて各々の専門分野から広く・深く語っている、珍しいタイプの本です。
 専門的な知識が無いとわかりづらい部分もあるので、当日は専門用語の簡単な解説をしたり、実際のデジタル書体をDTPソフト上で見ながら、本読みにとっては一番身近でディープな明朝体の世界を覗いてみましょう。どなたでもご参加ください。

テーマ本:『文字のデザイン・書体のデザイン』(左右社)

参考図書:
月刊MdN 2016年 7月号『特集:祖父江 慎、宇宙人に本という概念を問われたならば。』(エムディエヌコーポレーション)

参加者の皆さんと一緒に、本の本について語り合えればと思います。
どなたでもご参加ください。

※読書会に番号が付いてますが、内容的には毎回独立しているので、初参加歓迎です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2017年10月14日(土)18:00~20:00
(読書会終了後、希望者で懇親会の予定です。)
場所:双子のライオン堂(東京都港区赤坂6-5-21 101)
最寄:千代田線「赤坂」徒歩4分、日比谷線「六本木」徒歩10分
費用:1,500円
司会進行:オガワデザイン(ブックデザイナー)
主催:双子のライオン堂
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。

登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!