東京・荻窪

Title

タイトル

TEL03-6884-2894 HPhttp://www.title-books.com/ 最寄り駅JR・東京メトロ「荻窪」
営業時間11:00~21:00 定休日毎週水曜・第三火曜

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-06-01 しゃべれるほうが、変。 伊藤亜紗『どもる体』(医学書院)刊行記念トークイベント 予習ゼロでもOKなゼミ!
楽に話せば連発だ。意志を通せば難発だ。言い換えすれば自分じゃない。リズムに乗れば乗っ取られる。とかくしゃべりは窮屈だ。――夏目漱石がこう言ったかどうかは知りませんが、「しゃべる」というのは、とにかく複雑な身体運動です。むしろその複雑さに気づかないからこそ、人はへらへらと平気な顔でしゃべれるだけなのかもしれません。

連発とは「たたたたたまご」のように同じ言葉を繰り返してしまう、いわばバグ。難発とはそれを避けようとして声自体が出なくなる、つまりフリーズです。しかし不思議なことに、そんな人でも、歌をうたっているときは100%どもりません。俳優の口調を真似をするとどもらない、という人もいます。でも、それはなぜ?あるいは発話の寸前に言い換える人もいます(類語辞典系と国語辞典系の言い換えがあるそう)。しかし、事前に準備していては効果はありません。でも、それはなぜ?

こんな一筋縄では行かない吃音の「謎」に、従来の医学的アプローチや心理的アプローチとはまったく違うところから迫ったのが、ケアをひらくシリーズの最新刊『どもる体』です(5月末刊行予定)。やろうとするとできない。原因と対処が循環している。徹底した身体二元論でないと謎に迫れない――吃音的身体を考えていくと、何かとんでもないところへ所へ連れて行ってくれそうではありませんか。

このイベントでは、『どもる体』を刊行したばかりの伊藤亜紗さんと行う少人数ゼミのような趣きで、言葉と身体の不思議な関係に楽しく迫ってみたいと思います。なおイベントの日は刊行直後ですので、予習ゼロでOKです!

(『どもる体』編集担当;白石正明)

http://www.title-books.com/event/4419