東京・青山

音と言葉 “ ヘイデンブックス ”

オトトコトバ “ ヘイデンブックス ”

TEL03-6418-5410 HPhttp://www.hadenbooks.com/ 最寄り駅地下鉄「表参道」
営業時間12:00~21:00 定休日月曜

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-22~2017-05-07 écriture Kenjiro Akama 赤間賢次郎『 écriture(エクリチュール) 』写真展
2017 年 4月22日(土) 〜 5月7日(日)
open 10:00 〜20:00(月曜定休)*最終日5月7日は18:00まで

*4月22日(土) 16:00〜20:00 オープニング・パーティー

*4月29 日(土) ロビン・デュフィ[ チェロ 生演奏 ]
Gust live performance 4.29 sat - all day Robin Dupuy (Cello)

*コラボレーション企画
TAKEDA WINERY Sans Soufre × écriture
タケダワイナリー/山形県上山市「サン・スフル」×「エクリチュール」
オリジナル写真ラベルのワイン 白(デラウェア種)、赤(ベリーA種)各30種類を制作。 数量限定で販売 、ワインの試飲 、グラスワインの提供もいたします。

会場:音と言葉 “ヘイデンブックス”
HADEN BOOKS : by Green Land
〒107-0062 東京都港区南青山4-25-10 南青山グリーンランドビル
東京メトロ 表参道駅 A4 出口より徒歩7分|根津美術館交差点近く
Tel. 03-6418-5410 www.hadenbooks.com

ーーーーーーーーーーーーー
赤間賢次郎 写真展|写真集『 écriture(エクリチュール) 』

銀座の パリにあるようなオープンテラスのカフェで 砂漠色の糖を二つ沈めたイタリアンエスプレッソに シリアンラタキアを利いている 僕の頭の上を横切ったのは リモートコントロールされた無人爆撃機

―――赤間賢次郎 “そして、それがすべて繋がっているのだとわかった”(Rose of Latakiaのための)より

新橋を歩くサラリーマンの後ろ姿、ショップのウィンドウに鎮座する宝飾物、無心にスマホを覗き込む少女、 夜の街を彩るイルミネーション、都市の片隅に棲息する動物たち......。赤間賢次郎による初の写真集『écriture』 は 、ライカによるスナップとフォトグラム、4つの詩篇からなる、まったく新しい都市論である 。すくい上げられた無数のイメージの断片から、現代社会に生きる我々の無意識が浮かび上がる。

ーーーーーーーーーーーーー
赤間賢次郎 写真集『 écriture(エクリチュール) 』
デザイン:黒田益朗(クロダデザイン) 
翻訳:茨木千尋 アンジェラ・アキ 発売:Arrabia & Atelier 2016年8月刊行|A4変形|188ページ|写真206点|詩4篇
ーーーーーーーーーーーーー
Kenjiro Akama プロフィール
赤間賢次郎|ミュージシャン、俳優などのヘアーカットなどを手掛けるヘアデザイナー。2004年に個人事務所「Arrabia & Atelier(アラビア & アトリエ)」をメイクアップアーティスト・久保田直美とともに設立し、多数の広告、雑誌、コレクションなどで活躍している。ライカによるスナップとフォトグラム、4つの詩篇からなる『écriture』が、自身初の写真集となる。詳細ホームページ Arrabia & Atelier www.kenjiroakama.com