京都・一乗寺

恵文社一乗寺店

ケイブンシャイチジョウジテン

TEL075-711-5919 HPhttp://www.keibunsha-books.com/ 最寄り駅叡山電鉄「一乗寺」、市バス「高野」「一乗寺下り松」
営業時間10:00~21:00 定休日年中無休(元日を除く)

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-05-13~2017-05-22 kite新刊ツアー2017 『山の名前がわからない
阿部海太[絵描き] 加納千尋[フォトグラファー] 阿部航太[デザイナー]村上亜沙美 [ブックデザイナー/製本家]によるインディペンデントレーベルKite(カイト)。絵本や写真集などのビジュアルブックを中心に、自分たちで本をつくり販売する傍ら、様々な場所で期間限定のショップを開店しています。そのカイトメンバーによる共作シリーズ第4弾『山の名前がわからない』の出版を記念して、恵文社(京都 5/13-5/22)、blackbird books(大阪 5/30-6/11)、Title(東京 6/27-7/13)と3つの書店をツアー形式でまわり、展示販売フェアを開催します。第1弾となる恵文社一乗寺店(ギャラリーアンフェール)では、3冊の新作とこれまでのカイトの本の販売と共に、原画の展示販売、ワークショップ、ライブなど、カイトの「本」の世界を様々な角度からご覧いただけます。



新刊案内
– – –
『山の名前がわからない』
写真集 | 加納千尋(写真) 阿部航太(編集・デザイン) Kite(企画)
カイトメンバー共作シリーズ第4弾は、Kiteのフォトグラファー加納千尋 の写真集。真夜中のサービス・エリアの風景と、高速バスの車窓で構成された今作から浮かびあがるのは、前後から切り離されたインターバルでしかない時間の、こころもとない快さ。

『pinhole』
絵本 | 阿部海太(絵) amakent(文) 村上亜沙美(本)
切り取られたイメージが小さな部屋に積み上げられていくのを、針穴から覗いているのは私かあなたか。 情景と記憶、その限られた空間に現れる一瞬を仄かに照らす1冊。

『small trees vol.2』
ドローイング集 | 辻角光志朗(絵) 村上亜沙美(本)
日々コツコツ描かれた建物のドローイングをまとめた1冊。 日記のようにも落書きのようにも見える小さな絵が、本物の壁紙を使用した表紙で綴じられている。昨年発表されたvol. 1に続く第2弾。

http://www.keibunsha-store.com/gallery/kite2017