京都・一乗寺

恵文社一乗寺店

ケイブンシャイチジョウジテン

TEL075-711-5919 HPhttp://www.keibunsha-books.com/ 最寄り駅叡山電鉄「一乗寺」、市バス「高野」「一乗寺下り松」
営業時間10:00~21:00 定休日年中無休(元日を除く)

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-26 中条省平トークセッション「プルーストからジュネまで 異端と正統の間で ― 二十世紀フランス文学の魅力を読み解く―」
【日時】

5月26日(土)13:30開場 / 14:00開演(16:00終演予定)

【出演】

中条省平(フランス文学者 / 聞き手:駒井稔(光文社古典新訳文庫創刊編集長)

【参加料】

無料、要予約

【ご予約方法】
主催イベントページ予約フォームから

【内容】

今や二十世紀を代表する作家プルーストが、最初は理解されなかったことはご存知ですか?
しかし現在では『失われた時を求めて』はフランスでコミック化もされ、日本でもそれを中条省平さんの翻訳で読むことができます。そのほか、バタイユ、ジュネといった、それまでタブーとされていた性を真正面から扱った小説も出現した二十世紀。これらの異端ともいえる作品を生み出したフランス文学の中で、最も有名なのは、ジャン・コクトーの『恐るべき子供たち』。
今回のイベントに登壇する中条省平さんは、こういった作品を古典新訳文庫で見事な新訳で刊行しています。フランス文学から始まり、映画、コミック、ジャズのジャンルでも旺盛な評論活動も。フランス文学のお話はもちろん多岐にわたる活動についてもお話をしていただくトークセッションです。

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20180526/