東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-05-01 海老原嗣生 「クランボルツに学ぶ夢の諦め方 〜 同名新著の出版記念セミナー。夢は諦めるべきかこだわるべきか?」
キャリア理論の古典、クランボルツの計画的偶発性を徹底的に読み解くセミナーです。いくつかの質問について各自考えていただきながら、それを解説して、成功するキャリアを手に入れるための5つの習慣を説明していきます。
根本におくのは、「夢はかなうのか、あきらめるべきなのか」

この根源的な問いかけに対して、成功した偉人たちは、全く反対の見解を示します。
たとえば、ビートたけしは「夢は必ずはかなわない」といい、タモリは「叶わないものは叶わない、叶うものは叶う」と、さんまは「成功をあてにして努力するのはサイテー」と語ります。松本人志もビッグ3に同調して、「才能ある人は最初から才能があり、周囲がそれに気づく、というのが成功した状態」と解説を加えていました。
一方で、スティーブジョブズは「夢にこだわれ。先は見えないが、点はつながり、道筋となる」と説く。ホリエモンは「好きなことにこだわれ」と「99パーセントの会社はいらない」という本で延べ、つんくも全く同じことを「一番になる人」で書いています。
さあ、成功するキャリアを手に入れるために、夢をどう料理していけばいいか、全く見えなくなりそう。
でも、クランボルツ理論にそって読み解けば、答えは自ずとわかります。
こだわるべきか、あきらめるべきか。夢という厄介なシロモノと、キャリアの間に、答えを出す90分。

http://bookandbeer.com/event/20170501_bt/