東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-10-31 若林恵×廣田周作 「イスラエル・イノヴェイションのリアリズム」 WIRED REAL WORLD「イスラエル:シークレットテック & ミートアップ・ツアー」報告会
「リアリストであるためには、奇跡を信じられなければならない」
──イスラエル初代大統領、ベン・グリオン

2017年に本格始動した、『WIRED』日本版が“編集”する旅行企画「WIRED REAL WORLD TOUR」。エストニア・タリン、ドイツ・ベルリンに続き、9月に行われた「イスラエル:シークレットテック & ミートアップ・ツアー」は8200部隊出身のイスラエル人企業家の案内のもと、70年前の建国時まで沙漠が大部分を占めていた、この国の深層に迫る5日間となりました。

HRシステムとしての兵役、アイデアからバイアウトに至るスタートアップの「様式」、パレスティナに計画される夢の人工島と、地中海から中東、アジアをつなぐ横断鉄道、そしてエルサレムのダイヴァーシティ……。建国から70年を経て、熱狂的ともいえるスタートアップブームに沸くイスラエルは、テックイノヴェイションをめぐる熾烈なゲームが展開されている一方で、いまなお「敵対的な隣人」に囲まれた地政学的困難のなかにあります。

イスラエルにおけるイノヴェイションは、そうした困難を生き抜くための現実的なサヴァイヴァル戦略であると同時に、苛酷な状況そのものに働きかけていくための新たな変革ツールでもあるようです。苛酷な現実に鍛えられたリアリズムのなかに、彼らは果たしてどんな未来のヴィジョンを描くのでしょうか。

9月に開催されたベルリンツアー報告会に続く今回のイヴェントでは、実際のツアー参加者が、イスラエルでの体験を語ります。司会を務めるのは、ツアーエディターの『WIRED』日本版編集長の若林恵さんと電通ビジネス・クリエーション・センターの廣田周作さん。

ツアー参加者の目にイスラエルはどう映ったのか? 彼らが見た「イスラエル」とは、いかなる国家だったのか? イスラエルの熱気に直接触れてきたツアー参加者たちの声に耳を傾けてみましょう。

http://bookandbeer.com/event/20171031_bt/