東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-01 大木淳夫×森朗×稲垣えみ子×山脇りこ 「Cook Book Cafe season2@ B&B~あの人に好きなCOOKBOOKを持ってきてもらって、みんなで話そう。」
毎回、3人のゲストをお迎えして、それぞれにテーマに沿った“あなたの好きな料理に関する本”を選んで持ち寄り、その本についてみんなで話そうというシンプルな会『Cook Book Cafe』。

選ぶ本は、レシピ本ではなかったり、いわゆる料理本ではなかったりします。
でも、選んだ人にとっては、料理をおもう本、料理が浮かぶ本。

Season1は、第1回『旅と料理』 第2回『料理男子は好きですか?』 第3回『発案者、わぐりさんをゲストに~校長先生ってどうですか?』というテーマで開催しました。

その後、インターバルをおいて、場所を下北沢の本屋B&Bに変え、再び開催することになりました。

気持ちも新たに、始まる「season2 の1回目テーマは、『酒と料理と男と女』。

「なんだそれ?」という感じですが、切っても切れないお酒と料理、男と女、について、思うところを出演者に語り合っていただきます。

季節は、忘年、望年の12月。「あったあった」「やらかした」というお酒と料理の思い出にまつわる本あり、いい酒と料理と恋が書かれた本あり、純粋にみんなで楽しむ酒と料理の本あり……ではないでしょうか?

今回のプレゼンターは、『東京最高のレストラン』編集長・大木淳夫さん、気象予報士の森朗さん、フリーランサーの稲垣えみ子さんをお迎えします。進行役は、料理家の山脇りこさん。

どんな本が集まり、どんな話に展開するのか? みなさま楽しみにお集まりください。

※Cook Book Cafeとは?
元々、放送作家であるわぐりたかしさんが企画し、始めた、料理本を持ち寄ってみんなで話すカフェスタイルの集まり。その進化版として「街のすてきな書店で、プレゼンターに料理にまつわる好きな本を持ってきてもらって、集まったみんなで語ろう!」という主旨のイベントです。

【出演者プロフィール】
大木淳夫(おおき・あつお)
『東京最高のレストラン』編集長。東京恵比寿生まれ。ぴあ入社後、高校時代から憧れていた田中康夫さんに3年間ラブコールを送り続け生まれた「いまどき真っ当な料理店」は、気が付けばグルメ評論の古典的バイブルに。その後も、堀江貴文さんの『なんでお店がもうからないのかを僕が解決する』や、グルメ賢者3人による『東京とんかつ会議』など、食周りのあらゆる角度のヒットを飛ばし続ける編集者でもある。2001年に「東京最高のレストラン」を創刊、編集長に。大木さんがつぶやくと、予約が取れない店になる……と言われている。

森朗(もり・あきら)
テレビでおなじみの気象予報士。東京都生まれ、兵庫県西宮市育ち。慶応大学法学部卒。日鉄建材工業(現日鉄住金建材)を経て、趣味のウィンドサーフィンや海好きが高じて1995年に気象予報士資格を取得し、ウェザーマップに入社。現在、TBS『ひるおび!』『あさチャン』など、テレビ・ラジオ番組で人気のお天気キャスターに。『タモリ倶楽部』でもおなじみ。ブラジル通。ブラジルのジャズと言われるショーロでは、ギターもプレイ。情熱の国の恋のお話も。最新刊は『異常気象はなぜ増えたのか――ゼロからわかる天気のしくみ』(祥伝社新書)。

稲垣えみ子(いながき・えみこ)
1965年、愛知県生まれ。87年朝日新聞社入社。大阪社会部などを経て編集委員として「ザ・コラム」を担当し、そこで綴った原発事故を契機とした超節電生活とアフロヘアで話題に。昨年一月に早期退職し、夫なし、子なし、定職なし、冷蔵庫なしの暮らしを満喫中。今秋、その暮らしを支える一食200円の食生活を紹介した『もうレシピ本はいらない』(マガジンハウス)を刊行した。他の著書に『魂の退社』『寂しい生活』(共に東洋経済新報社)など。

山脇りこ(やまわき・りこ)
料理家。長崎市生まれ。2017年には、『いとしの自家製~手がおいしくするもの』(ぴあ)『野菜の楽しみ、私の野菜料理』(小学館)『いっしょに作るから朝がラク、今日の晩ごはんと明日のおべんとう』(家の光協会)『酔っぱらっていても作れる! 10分おつまみ』(カドカワ)を上梓。

http://bookandbeer.com/event/20171201_bt/