東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-02-02 湯浅学×ラジカル鈴木×Takki 「New Power Talk…live! 〜『プリンスとバットダンス』」
988年。出荷直前に『ブラックアルバム』を急遽発売中止し、最もスピリチュアルな作品『ラヴセクシー』およびそのツアーで「新しい方向性」を世界に提示したプリンス。

その次なる動向が注目された1989年、プリンスが放った一撃は、なんと映画『バットマン』のサウンドトラックアルバムでした。

同作を撮ったのは、あの『アリス・イン・ワンダーランド』や『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』等の世界的ヒットで知られるティム・バートン監督。彼は、プリンスの大ファン。『バットマン』で、映画と音楽の天才2人のコラボレーションが実現したのです。

当時のプリンスファンからは過小評価されることもあった同アルバムですが、瞬く間に全米1位の大ヒット。イギリス、スイス、オランダでも首位に輝きました。ファーストシングルの『バットダンス』は、お世辞にも売れ線とは言い難い曲調で、映画には使用されていないにもかかわらず、全米チャート首位を獲得。

「ヒットメーカーとしてのプリンス」の存在を再び全世界に印象づけました。

全キャリアの中でも、もっともドラマティックな変化が起きた時代。プリンスが世界に向けたメッセージとは一体何だったのでしょうか?

チケット発売直後にソールドアウト、「音楽トークイベントの未来形」と評された大好評のプログラム「New Power Talk…Live!」。

第2弾は、長年のプリンス伝道者であり音楽評論家の湯浅学さんをスペシャルゲストとして迎え、プリンスを師と仰ぐイラストレーター・ラジカル鈴木さん、『プリンスの言葉』の著者・Takkiさんが貴重な資料の紹介とともに、80年代後半のプリンスの足跡を追います。

ベストヒットUSA世代のファンはもちろん、4.21以降に扉を開けたファンも必聴のスペシャル企画。どうぞお見逃しなく!

※新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。ご注意ください
http://bookandbeer.com/news/reopen/

http://bookandbeer.com/event/20180202_bt/