東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-09 テアトル新宿×田辺・弁慶映画祭実行委員会×松崎まこと 「新進気鋭!“田辺系”監督&俳優大集合!! 〜田辺・弁慶映画祭セレクション2018前夜祭」
和歌山県田辺市で毎年11月に開催されている「田辺・弁慶映画祭」。

田辺・弁慶映画祭オフィシャルサイト
http://www.tbff.jp/

今年で12回目を迎えるこの映画祭のコンペティションからは、『モリのいる場所』の沖田修一さん、『退屈な日々にさようならを』の今泉力哉さん、『PARKS パークス』の瀬田なつきさん、『グッド・ストライプス』の岨手由貴子さん、『リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』の二宮健さん等々、日本映画の将来を担う有望な若手監督たちが次々と羽ばたきました。

「田辺・弁慶映画祭」は、今や「インディーズ映画の登龍門」!出身監督たちを指す、“田辺系”という言葉ももはや定着しました。

この映画祭の大きな特徴として挙げられるのが、入賞作品に東京のテアトル新宿、大阪のシネ・リーブル梅田での“上映権”が与えられること。

今年はテアトル新宿では5月12日(土)からの3週間、昨秋の「第11回田辺・弁慶映画祭」で入賞した監督たちの特集上映「田辺・弁慶セレクション2018」が開催されます。

そこで、もはや恒例となった本屋B&Bでの前夜祭を今年も開催! 「第11回」入賞作品の監督4名に加えて、その出演者たちを召集いたします!!

日本映画の未来を担う、新進気鋭の“田辺系”映画人たちとの熱いトークを、決してお見逃しなく!

【出演者プロフィール】
武井佑吏(たけい・ゆうり)
「第11回田辺・弁慶映画祭」弁慶グランプリ受賞作品『赤色彗星倶楽部』監督。1992年4月26日生まれ。群馬県高崎市出身。早稲田大学政治経済学部卒業。
『赤色彗星倶楽部』
・早稲田映画まつり グランプリ
・東京学生映画祭 準グランプリ
・第39回ぴあフィルムフェスティバル 入選

笹井歳春(ささい・としはる)
「第11回田辺・弁慶映画祭」明日への期待賞 & 男優賞受賞作品『戻る場所はもうない』監督。1980年生まれ、千葉県流山市出身。2012年映像制作団体「ホワイトハウス」を旗揚げする。初監督作『マージナル』が福岡インディペンデント映画祭2012 60分部門グランプリ+主演女優賞を受賞。2作目『世界』が福井映画祭2013入選、福岡インディペンデント映画祭2014優秀賞受賞。3作目『ローリング』はTAMA NEW WAVE 2014ある視点部門にノミネート。

http://bookandbeer.com/event/20180509_bt/