東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-24 村井康司×柳樂光隆 「80年代ジャズとその時代」 『現代ジャズのレッスン 1959年から考える』(アルテスパブリッシング)刊行記念
21世紀のジャズはどこへ行くのか? 

1959年『カインド・オブ・ブルー』のモード・ジャズを起点に、60年代から00年代に至るコンテンポラリー・ジャズの歩みと可能性を語って、その後のジャズ評論に多大な影響を与えた名著が、書き下ろし2章を加えて3月に復活しました
(オリジナルは2000年刊行の『ジャズの明日へ』河出書房新社)。
http://artespublishing.com/books/86559-180-4/

その刊行記念イヴェント第2弾として、監修した『JAZZ THE NEW CHAPTER』シリーズや、数々のインタビューや執筆により、音楽ジャーナリズムに新風を吹き込んでいる評論家、柳樂光隆さんをお招きします。

テーマは、80年代ジャズ。80年代と言えば、ヒップホップが急速に発展した時期であり、ジャズの世界では、今も評価の分かれるトランペッター、ウィントン・マルサリスが登場するとともに、ジョン・ゾーン、キップ・ハンラハンといった新しい才能がジャズを攪拌した時代でもあります。

この三者にそれぞれ1章を割いている本書を参照しながら、お二人が選んだ音源とともに当時のシーンの意味を考えていきます。

【出演者プロフィール】
村井康司(むらい・こうじ)
1958年北海道函館市生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。中学1年でロックを、高校1年でジャズを聴き始め、大学時代はジャズ・ビッグバンドでギターと編曲を担当。編集者として働く傍ら1987年よりジャズ・ライターとして執筆を始め、『ジャズジャパン』『ジャズ批評』『CDジャーナル』などの音楽誌に寄稿。CDのライナーノーツも多く手がける。著書に『あなたの聴き方を変えるジャズ史』(シンコーミュージック、2017)、『JAZZ 100の扉』(アルテスパブリッシング、2013)、『ジャズ喫茶に花束を』(河出書房新社、2003)、共著に『100年のジャズを聴く』(シンコーミュージック、2017)ほかがある。尚美学園大学音楽表現学科講師。

柳樂光隆(なぎら・みつたか)
1979年島根県出雲市生まれ、ジャズおよびその周辺の音楽をメイン・フィールドにしている音楽評論家。逸材が次々に登場し盛り上がっている現在進行形のジャズを、新たな視点から鮮やかに読み解きシーンの活性化に貢献したガイド・ブック・シリーズ『Jazz The New Chapter』(シンコーミュージック)の監修者。『CDジャーナル』『JAZZJapan』『intoxicate』『ミュージック・マガジン』『BRUTUS』『ユリイカ』などの雑誌に寄稿。ライナーノーツも数多い。

http://bookandbeer.com/event/20180524/