東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-25 神田桂一×菊池良×福島槙子×寺井広樹 「パロディとパクリの境界線──『もしそば』と『もし文』に見るパロディ哲学」 『もし文豪たちが現代の文房具を試しに使ってみたら』(ごま書房新社)刊行記念
3月20日、ごま書房新社より『もし文豪たちが現代の文房具を試しに使ってみたら』(福島槙子、寺井広樹)という書籍が発売されました。

この本のタイトルを見て、多くの人が「おや?」と思ったのではないでしょうか。

そう、何を隠そうこの本はあのベストセラー『もしそば』こと『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』をパク……いや、同書にインスパイアされてオマージュしたパロディ本だったのです!

そして、これを見た『もしそば』著者の神田桂一さん&菊池良さんの取った行動とは──!?

タイトルも見た目も『もしそば』にそっくりな『もし文』。ですが、実は内容は全くパロディではありません。むしろこれまでにない、新しい形の文房具解説書になっています。

もともと、『もしそば』も、文体模写という特殊な技法を使いながら新しい世界観を作り上げた作品。それぞれの文豪たちにインスパイアされているからこそ生まれたものなのです。

今回は、『もしそば』著者の神田桂一さん&菊池良さんが、『もし文』著者の福島槙子さん&寺井広樹さんに対して“どこをどうパロディしたのか”問いただすとともに、それぞれが考えるパロディの哲学について語っていただきます。

http://bookandbeer.com/event/20180525/