東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-07-06 岡田育×穂村弘 「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」 『天国飯と地獄耳』(キノブックス)刊行記念
東京、鎌倉、札幌、ニース、ニューヨーク。
居酒屋、カフェ、とんかつ屋、大相撲の桝席、飛行機のビジネスクラス――。
美味しいごはんを食べながら、隣席の会話を盗み聞きして、妄想をふくらませるというエッセイ集『天国飯と地獄耳』を刊行された、岡田育さん。

第三歌集(『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』)以来、実に17年ぶり、短歌研究賞を受賞した連作「楽しい一日」ほか、昭和から現在へと大きく変容していく世界をとらえた最新歌集『水中翼船炎上中』(講談社)を刊行された、穂村弘さん。

軽やかに世界を言語化されるお二人は、どのように現実を観察し、そして言葉にされているのでしょうか。事実と作品の関係は? 虚構や創作はどれくらい含まれているのか? 表現技法はいかに磨いているのか? 文章を書く意味や読む意義をはじめ、現実と言葉について縦横無尽に語り合っていただきます。ぜひご期待ください。


【出演者プロフィール】
岡田育(おかだ・いく)
文筆家。1980年東京都生まれ。2012年よりエッセイの執筆を始める。著書に『ハジの多い人生』(新書館)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)、二村ヒトシ・金田淳子との共著『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA)。2015年夏より米国ニューヨーク在住。パーソンズ美術大学グラフィックデザイン学科修了。

穂村弘(ほむら・ひろし)
歌人。1962年、北海道生まれ。歌集に『シンジケート』、『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』、『水中翼船炎上中』、エッセイ集に『絶叫委員会』、『鳥肌が』(講談社エッセイ賞)、歌論集に『短歌の友人』(伊藤整文学賞)、絵本に『あかにんじゃ』(ようちえん絵本大賞特別賞)など著書多数。

http://bookandbeer.com/event/20180706/