東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-07-17 きのコ×芳賀英紀×藤木TDC×亀山早苗 「ポリアモリーって何!? 好きな人が複数いますが、なにか?」 『わたし、恋人が2人います。』(WAVE出版)刊行記念
双方合意の上で、複数者と恋愛関係を築くポリアモリーというライフスタイルが、今話題です。世の中には好きな人を1人だけとは決められずにいる人がいます。

そんな、複数の恋人とお付き合いをしているポリアモリー実践者の30代女性による、新しい恋愛スタイルの本『わたし、恋人がふたりいます。』(WAVE出版)が現在書店で発売中です。

隠れてこそこそするのは自分らしくない、正直に誠実なライフスタイルを貫きたい。
そんな複数恋愛ポリアモリーにいまなぜ注目が集まっているのでしょうか?

あちこち好きな人が出来てしまう自分はいったいなんだろう。
誰もが傷つかないために必要な解決策ってなんだろう。

著者のきのコさんは、ポリアモリーという概念があることを知り、長年の悩み苦しみから解放されることになりました。

優先順位はつかないの?
嫉妬はしない?

などなど、22世紀に向けた新恋愛について
教えてもらいたいことは山積みです。

今回この『わたし、恋人がふたりいます。』の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

出演は、『わたし、恋人が2人います。』著者きのコさん、男性ポリアモリ—実践者の代表として、芳賀書店社長・芳賀英紀さん。

そして、性愛についての映画の取材や執筆を長年手掛けている、フリーライターの藤木TDCさんからは、普通の男性がポリアモリーをどう理解し、実践したらいいのかという立場で参加していただき、長年「好きの気持ちを抑えられない」男女の不倫取材を続けてきた亀山早苗さんの計4名で、当イベントを盛り上げたいと思います。

恋愛した相手が複数愛者で戸惑っている方なども、ぜひ参加していただき、出演者と一緒に考えてみませんか?

※当日は、会場からの質問や意見を多く受け付け、ディスカッションの時間を多く取る予定です

【出演者プロフィール】
きのコ(きのこ)
1983年福岡県生まれ。九州大学大学院人文科学府卒、メーカー勤務の会社員。2011年より、自分が複数の人を愛する「ポリアモリー」であることをカミングアウトしている。ポリアモリーに興味をもつ人の交流会「ポリーラウンジ」の主催者のひとり。
Twitter@kinoko1027

芳賀英紀(はが・ひでのり)
芳賀書店3代目社長、SEXカウンセラー&エロコンシェル。1981年8月28日生まれ。東京出身。AB型。神田神保町で80年もの歴史を誇る老舗書店にして、アダルト・メディアの総本山としても有名な芳賀書店の社長に21歳で就任、負債11億円だった同店を社長交代第1期で黒字転換させる。英BBC放送に経済人として2回、アダルト業界人として1回、計3度の出演を始め、テレビ、雑誌、ラジオ、ネットなど、様々なメディアに露出する。いま、もっともメディアを騒がす性愛界の若き論客。テレビ東京「じっくりきいたろう」にて、ポリアモリストとしての活動を公表する。
Twitter@hagashoten

藤木TDC(ふじき・てぃーでぃーしー)
フリーライター・記者業など。1962年秋田県生まれ。映画やAVの評論から芸能史、横丁・小路の歴史探訪、漫画原作など、雑誌ムックを中心に幅広く執筆。『辺境酒場ぶらり飲み』(リイド社)原作担当。『セントラルアーツ読本』(洋泉社インタビュー2+コラム1)、『激動の平成史』(洋泉社 平成AV史回顧)など。
Twitter@fujikiTDC

亀山早苗(かめやま・さなえ)
1960年東京生まれ。 明治大学文学部卒。フリーライター。 女性誌等で活躍中。 女性の生き方を中心に、恋愛、結婚、性の問題に取り組み、かつ社会状況を的確に分析する筆力に定評がある。 著書に『不倫の恋で苦しむ男たち』(WAVE出版刊)、『アラフォーの傷跡 女40歳の迷い道』 (鹿砦社刊)、『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき』(扶桑社刊)、『夫の不倫がどうしても許せない女たち』(朝日新聞出版刊)、『人はなぜ不倫をするのか』(ソフトバンククリエイティブ刊)などがある。
Twitter@viofatalevio

http://bookandbeer.com/event/20180717/