東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-11 暁方ミセイ×古川日出男 「宮沢賢治のさみしさ、 宮沢賢治のしあわせについて」 『紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』 (港の人)刊行記念
この秋、熱心な宮沢賢治ファンである詩人暁方ミセイさんが、詩集『紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』をまとめました。この詩集は、ミセイさんが実際に賢治ワールドの小岩井農場や花巻などをうろうろ歩きながら、賢治のしあわせについて考えた、ミセイさんの「心象風景」ともいえる、深い呼吸のできる詩集です。

 トン、トン、と音がする
   さみしくないか、
   さみしいよ
さみしいならなぜ行く
わたしはさみしさを使いきらねばならないからです  (「七月三十日」より)

さみしさを使いきるとは、どういうことなのでしょうか。
賢治のことのようであり、暁方ミセイさんのことのようです。

暁方ミセイ詩集『紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』(港の人)の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

トークのお相手は、小説家の古川日出男さん。宮沢賢治の世界に造詣が深く、賢治の詩を朗読したCDブック『春の先の春へ 震災への鎮魂歌』や、朗読劇「銀河鉄道の夜」を自ら脚本化し演出する上演活動などを精力的におこなっています。

賢治のさみしさ、賢治のしあわせについて、おふたりに語り合っていただきます。


【出演者】
暁方ミセイ(あけがた・ミセイ)
詩人。1988年神奈川県横浜市生まれ。2011年に第1詩集『ウイルスちゃん』で第17回中原中也賞、2018年に第3詩集『魔法の丘』で第9回鮎川信夫賞を受賞。そのほかの詩集に『ブルーサンダー』、電子版詩集『宇宙船とベイビー』など。

古川日出男(ふるかわ・ひでお)
小説家。1966年福島県生まれ。1998年、長篇小説『13』でデビュー。『LOVE』(2005年)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015年)で野間文芸新人賞、読売文学賞を受賞。そのほかの代表作に『ベルカ、吠えないのか?』『南無ロックンロール二十一部経』『ミライミライ』など。宮沢賢治の詩を朗読したCDブック『春の先の春へ 震災への鎮魂歌』(2012年)などの朗読や、自ら脚本・演出を手がける朗読劇「銀河鉄道の夜」上演ほかの活動をおこなっている。

http://bookandbeer.com/event/20181111_kenji/