東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-01 木野正人×岡野誠 「MJK木野正人のライブ論」 『田原俊彦論――芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)刊行記念
ライブ構成はどのように考えられているのか――。

全国で1年に数えきれない程のコンサートが開催されていますが、演者や演出家がセットリストやステージングの意図を詳細に語る機会はほとんどありません。
 
今回登壇するMJKこと木野正人さんは86年、ジャニーズ事務所の門を叩きます。以降、田原俊彦や少年隊のバックダンサーを務め、CHA-CHAのメンバーとしてもデビュー。ジャニー喜多川氏のステージングも目の当たりにしてきました。90年にはマイケル・ジャクソンのバックダンサーを目指して渡米。93年『NAACP(全米黒人地位向上協会)イメージ・アワード』でソロのシルエットダンス『MJ History』を披露し、2007年『マイケル・ジャクソンVIPパーティー』では独自のマイケルリミックスを踊り、マイケル本人から称賛されたという実績を持ちます。
 
現在も体脂肪率5%を維持した肉体で、定期的にライブを開催。
 
自身のみならず、過去に田原俊彦などの振付やライブ曲順、ステージングを担当してきた木野正人さんが独自の視点で「ライブ論」を語ります。

・MJKはどのような思考で、ライブ構成を考えているのか?
・MJKはライブに欠かせない定番曲とマンネリ曲をどう判別しているのか?
・MJKは出演者、演出側、ファン、それぞれのエゴにどう折り合いをつけているのか?
・MJKは観客の反応をどう感じ、次に生かしているのか?
・MJKの語るセットリストの妙とは?
 
聞き手は『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の著者であるIHR(生島ヒロシ研究家)の岡野誠さんが務めます。
 
12月2日の誕生日を翌日に控える木野正人が今回もマニアックな話題、ここでしか聞けない話満載でお送りします。

※イベント終了後、希望者には木野正人さんとの『ツーショットチェキ』(サイン入り)を1,000円で承ります。入場の際に受付でお申し付けください

【出演者プロフィール】
木野正人(きの・まさと)
ダンスアーティスト、振付師。88年『欽きらリン530!!』(日本テレビ系)の電話番号ダンスで脚光を浴び、9月にCHA-CHAのメンバーとして『ビギニング』でデビュー。マイケル・ジャクソンのバックダンサーを目指し、90年5月にCHA-CHAを脱退。アメリカにダンス留学する。93年『NAACP(全米黒人地位向上協会)イメージ・アワード』でソロのシルエットダンス『MJ History』を披露。2007年『マイケル・ジャクソンVIPパーティー』では、独自のマイケルリミックスを踊り、マイケル本人から称賛される。CDデビューから30周年を迎える今年、記念の作品集『ポートフォリオ』を発売。

岡野誠(おかの・まこと)
フリーライター。高校2年生の94年、急激に変化した田原俊彦への世間の評価に疑問を持ち、トシちゃんに興味を抱き始める。以降24年間に渡って研究し続けた成果を『田原俊彦論』として発表。田原への初取材時、本人に「最近やらなくなった振付がある」と厳しく指摘。その10日後のライブで田原俊彦が取った行動と発言とは――。ノンフィクションにして、ドキュメンタリーの一作。

http://bookandbeer.com/event/20181201a/