東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-16 今福龍太×砂連尾理 「宮沢賢治と山尾三省」 『新版 野の道——宮沢賢治随想』 (野草社)刊行記念
屋久島に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続けた詩人・山尾三省(1938〜2001)のエッセイ集『新版 野の道——宮沢賢治随想』の刊行を記念し、本書の解説者であり、文芸誌『新潮』にて「新しい宮沢賢治」を連載中の今福龍太さんをお招きして、トークイベントを開催します。宮沢賢治と山尾三省をつなぐ詩と思想の秘密とは何か。じっくりとお話しいただきます。
また、ダンサー・振付家の砂連尾理さんにテキストの朗読でご参加いただき、後半は今福さんとの対談もおこないます。

当日は、『野の道』に序文を寄せている社会学者・真木悠介(見田宗介)さんからのスペシャル・メッセージが、会場に届けられる予定です。

今福龍太(いまふく・りゅうた)
文化人類学者・批評家。奄美自由大学主宰。おもな著書に『書物変身譚』(新潮社)、『ジェロニモたちの方舟』(岩波書店)、『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』(みすず書房、讀売文学賞受賞)、『ハーフ・ブリード』(河出書房新社)、『クレオール主義 パルティータI』『群島-世界論 パルティータII』『隠すことの叡智 パルティータIII』『ボーダー・クロニクルズ パルティータIV』『ないものがある世界 パルティータV』(以上、水声社)などがある。

砂連尾理(じゃれお・おさむ)
ダンサー・振付家。91年、寺田みさことダンスユニットを結成。93年、ニューヨークにダンス留学。02年、「トヨタコレオグラフィーアワード2002」にて「次世代を担う振付家賞(グランプリ)」「オーディエンス賞」をW受賞。受賞作「あしたはきっと晴れるでしょ」はジャカルタ、パリ、プラハ、ソウル、ニューヨーク、メルボルンでも上演するなど、これまでに海外10か国12都市で公演を行う。08年、文化庁・新進芸術家海外留学制度の研修員として、1年間ベルリンに滞在。近年はソロ活動を展開し、舞台作品だけでなく障害を持つ人や高齢者とのダンス制作やワークショップのほか、映画、オペラの振付など多方面に活動を展開している。著書に、『老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉』(晶文社)。

http://bookandbeer.com/event/20181216kenjiyamao/