東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-06 渡辺由佳里×大原ケイ 「読まずに2018年を越せないベスト翻訳書はどれだ?」
『洋書ファンクラブ』や、アメリカの最新事情を伝える『ニューズウィーク』で執筆されている在米コラムニスト渡辺由佳里さん。

そして、版権エージェントで『HON.jp海外ニュース』担当の大原ケイさんのお二人が、カズオ・イシグロからユヴァル・ノア・ハラリまで徹底レビュー!

今年、そして来年以降日本語で読むべきベスト翻訳書を語り尽くす2時間です。

お楽しみに!

【出演者プロフィール】
渡辺由佳里(わたなべ・ゆかり/Yukari Watanabe Scott)
エッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。アメリカのボストン在住。書評ブログ『洋書ファンクラブ』主宰。小説『ノーティアーズ』でデビュー。そのほかの著作に『ジャンル別 洋書ベスト500』、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』など。『ニューズウィーク』日本語版、『Cakes』、『FINDERS』でエッセイ連載中。


大原ケイ(おおはら・けい)
アメリカと日本で育ち、日英語で本を読んできたバイリンガル、米ランダムハウスや講談社アメリカに勤務後、2008年版権エージェントとして独立。著書に『電子書籍大国アメリカ』、共著に『世界の夢の本屋さん1』。最近は『HON.jp』で海外の出版ニュースを紹介するかたわら、日本語コンテンツを英語にするAI翻訳ソフトのコンサルとして翻訳の難しさと日々葛藤。

http://bookandbeer.com/event/20181206/