東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-10 西村賢太×木村綾子 「西村賢太デビュー15年、なぜ“私小説”を書き続けるのか?」 『羅針盤は壊れても』刊行記念
西村賢太さんの最新刊『羅針盤は壊れても』が講談社より好評発売中です。

中卒、日雇いバイトの北町貫多は二十三歳を迎えて自身の人生の敗北を決定的に覚えるようになっていた。その彼の唯一の慰めは田中英光の私小説の復読であり、やがて冴えない日々の中で藤澤清造の著にも出会う。そして貫多は、自らも私小説を書いてみるのだが―。
本書は、生命力あふれる生活不能者の儚い希望とあえなき挫折を描く、最新の孤狼私小説集。

表題作と「陋劣夜曲」に加え、現在品切れとなっている「廃疾かかえて」「瘡瘢旅行」の二篇を再録。
しかも、上製函入りの豪華レトロ仕様/8ページの特別折込み付録に、幻の掌篇「一隅の夜」を収録した豪華版です!

今回B&Bでは、『羅針盤は壊れても』刊行を記念してイベントを開催。聞き手は、B&Bの木村綾子がつとめます。

小説家デビュー当初から一貫して描き続けてきた、北町貫多という男、彼の生活とその目を通して見える社会とは?
藤澤清造、田中英光、そして「私小説」という存在とは…?
広く深く、伺っていきます。
どうぞお楽しみに。

http://bookandbeer.com/event/20190210_b/