東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-02 デイヴィッド・ピース×黒原敏行×柴田元幸 「芥川龍之介REMIX/REPRISE~文学と翻訳のインターアクション」 『Xと云う患者 龍之介幻想』(文藝春秋)刊行記念
「蜘蛛の糸」「歯車」「河童」……芥川自身の作品をマッシュアップ/コラージュ/リミックスして、かの文豪の内的世界を描き出した英国人作家デイヴィッド・ピースさんの『Xと云う患者 龍之介幻想』(文藝春秋)が刊行されました。

気鋭のノワール小説作家としてデビューしつつも、ジャンル小説として消費されることを許さない独自の言葉と風景を送り出してきたピースさんは、かねてから芥川龍之介に私淑し、その世界に魅了されてきました。

日本文学と英国文学、近代文学と現代文学、日本語で書かれた小説と日本語に翻訳された小説、東洋と西洋――芥川の「声」とピースさん自身の「声」を大胆に緻密に織り合わせた『Xと云う患者』は、小説と言葉をめぐるさまざまな境界に揺さぶりをかける挑発的な作品となっています。

同作の刊行を記念して、ピースさんとも親交の深い翻訳家・柴田元幸さんをゲストにお招きし、著者のピースさんと本作の翻訳を手がけた黒原敏行さんとともに、執筆/翻訳のエピソードを通じて「小説」と「翻訳」の秘密と可能性に迫ってゆきます。

【出演者プロフィール】
デイヴィッド・ピース(David Peace)
1967年、イギリス、ヨークシャー生まれ。作家。東京大学文学部講師。1994年より東京在住。2003年、文芸誌GRANTAの選ぶ「Best Young British Novelists」に選ばれ、翌年、GB84(未訳)でジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受賞。終戦直後の東京で起きた犯罪を描く〈東京三部作〉第一作『TOKYO YEAR ZERO』を2007年に、帝銀事件を描く第二作『占領都市』を2009年に発表。現在、下山国鉄総裁怪死事件を描く第三作を執筆中。

黒原敏行(くろはら・としゆき)
1957年、和歌山県生まれ。東京大学法学部卒。英米文学翻訳家。訳書に、コーマック・マッカーシー『すべての美しい馬』『ブラッド・メリディアン』、リチャード・パワーズ『エコー・メイカー』、ジョゼフ・コンラッド『闇の奥』、ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』、ウィリアム・フォークナー『八月の光』などがある。

柴田元幸(しばた・もとゆき)
1954年、東京都生まれ。アメリカ文学研究者、翻訳家。東京大学名誉教授。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザー、トマス・ピンチョンなどのアメリカ現代文学の翻訳を手がけるほか、文芸誌「MONKEY」の責任編集を務める。2018年には、澤西祐典氏とともに編訳を務めた『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(岩波書店)が刊行されている。

http://bookandbeer.com/event/20190502a/