東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-23 片山杜秀×山崎浩太郎 「〈平成音楽史〉から〈令和音楽史〉を展望する!」 祝改元&『平成音楽史』刊行記念
片山杜秀さんと山崎浩太郎さんが、平成時代30年間のクラシック音楽史を語り尽くした『平成音楽史』が、このほどアルテスパブリッシングから出版されました。

『平成音楽史』
https://artespublishing.com/shop/books/86559-200-9/

1989(平成元)年にカラヤン、翌1990(平成2)年にバーンスタイン──20世紀のクラシック音楽を象徴する両雄が退場し、群雄割拠の戦国時代=「平成」が幕を開けました。

アバドが牽引した若手による非常設室内オーケストラの隆盛、クレーメルなどが主導したジャンルの壁の溶解、演奏様式に革命をもたらした古楽運動などが起こり、CDが普及して外資系メガストアが台頭し、マイナーな作曲家や知られざる作品のリリースが相次ぎ、サブカル的な音楽評論がもてはやされるなど、音楽の聴き方も劇的に変化しました。

平成末期に登場したドゥダメルやクルレンツィスは、次代を担うマエストロたり得るのか、「偽ベートーヴェン騒動」の傷跡から日本の現代音楽は立ち直れるのか──。

音楽から政治まで森羅万象に通暁する博覧強記の人・片山杜秀さんと演奏史を物語ることにかけては右に出る者がいない音楽の語り部・山崎浩太郎さんが、平成時代のクラシック音楽を振り返り、令和時代のクラシックを展望する2時間。

どうぞお見逃しなく!

【出演者プロフィール】
片山杜秀(かたやま・もりひで)
1963年宮城県生まれ。思想史家、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は近代政治思想史、政治文化論。2008年『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング)により吉田秀和賞とサントリー学芸賞を受賞、2012年『未完のファシズム』(新潮選書)により司馬遼太郎賞を受賞。その他の著書に『クラシック迷宮図書館(正・続)』『線量計と機関銃』『現代政治と現代音楽』『大東亜共栄圏とTPP』(以上アルテスパブリッシング)、『鬼子の歌』『近代日本の右翼思想』(以上講談社)、『未完のファシズム』(新潮社、司馬遼太郎賞)ほか多数。NHK‒FM『クラシックの迷宮』のパーソナリティとしても活躍。

山崎浩太郎(やまざき・こうたろう)
1963年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。演奏家たちの活動とその録音をその生涯や同時代の社会状況において捉えなおし、歴史物語として説く「演奏史譚」を専門とする。日本経済新聞の演奏会評、専門誌『レコード芸術』『音楽の友』『モーストリー・クラシック』等に寄稿するほか、衛星デジタルラジオミュージックバードTHE CLASSICのパーソナリティなどを務める。著書に『演奏史譚1954/55』『クラシック・ヒストリカル108』『名指揮者列伝』(以上アルファベータ)、『クライバーが讃え、ショルティが恐れた男』(キングインターナショナル)、共著書に『栄光のオペラ歌手を聴く!』(音楽之友社)、訳書にジョン・カルショー『ニーベルングの指環』『レコードはまっすぐに』(以上学習研究社)がある。
ウェブサイト「山崎浩太郎のはんぶるオンライン」
http://www.saturn.dti.ne.jp/~arakicho/

http://bookandbeer.com/event/20190523/