東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-29 高橋万太郎×城慶典×日野昌暢 「なぜ九州の醤油は甘いのか?」 『にっぽん醤油蔵めぐり』(東海教育研究所)刊行記念
日本全国に醤油蔵は1000以上あり、地域の食文化に適した醤油が蔵の数だけ存在します。九州出身の方に、「どうして九州の醤油は甘いの?」と尋ねると、逆に「なぜ関東の醤油は辛いの?」と質問が返ってくるはずです。

「醤油は、地域の味の決め手の一つ。目の前の人たちがおいしいと言う醤油を造るため、その時代の職人たちの試行錯誤の積み重ねがあって、現代の味わいになっている」のだと「醤油職人」代表の高橋万太郎さんは言います。

「醤油職人」とは、高橋さんが400以上の醤油蔵を訪ね歩きながらセレクトした、90種類以上の醤油を100mlのボトルで販売する”醤油のセレクトショップ”です。

今回は、その中から45の醤油蔵とのエピソードを書いた本『にっぽん醤油蔵めぐり』(東海教育研究所)の出版を記念したトークイベントを開催します。

出演は、著者の高橋万太郎さんと、ゲストには実家の醤油蔵で40年ぶりに自社醸造を復活させ、醤油界に新しい風を吹かせた革命児、福岡県のミツル醤油醸造元から、城慶典(じょう・よしのり)さんを迎えます。聞き役は博報堂ケトルの日野昌暢が務めます。

醤油は日本の基礎調味料なのに、その多様性を知る人はほとんどいません。でも、使う機会の多い調味料だからこそ、知れば知るほどお料理や食事が楽しくなること間違いなし! 醤油の多様性より面白いという、いろんな作り手さんの醤油愛溢れる裏話も紹介します。

イベントではそのほか、タイプ別醤油のオススメの使い方の紹介や、味比べもできる即売会も準備しています。

お料理、食文化、発酵に興味のに興味のある方にオススメの今回のイベントは、美味しいもの大好きな皆さんの食生活をきっと豊かにしてくれるはず。たくさんのご参加、お待ちしております!

http://bookandbeer.com/event/20190529/