東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-24 滝本誠×柳下毅一郎×町山広美×品川亮 「ラース・フォン・トリアー監督ファンミーティング! 」 映画『ハウス・ジャック・ビルト』公開記念
7年前、某独裁者への共感をうっかり語り、
カンヌ国際映画祭を出禁になった映画監督ラース・フォン・トリアー。
そんな彼がカンヌ復活を果たした新作は、シリアル・キラーの12年を描いた『ハウス・ジャック・ビルト』。

ハードコアな描写のオンパレードに映画祭では途中退出者続出!
しかし上映後は満場総立ち拍手喝さいで受け入れられた賛否両論のこの超問題作が、
日本では無修正完全ノーカット版(R18+)で上映決定しました。

この度『ハウス・ジャック・ビルト』の公開を記念して、
「ラース・フォン・トリアー監督ファンミーティング」を実施。

映画の酸いも甘いも噛分けた4名が、観る者の神経を逆なでし続けるフォン・トリアーの魅力を
縦横無尽に語りつくします。
嫌な気持ちになるのはわかっている。でもなぜか観ずにはいられない・・・。
賛否交えた愛情深いトークを聞けば、『ハウス・ジャック・ビルト』が数倍楽しめること間違いなし!

ところでイベント当日奇しくもフランスではカンヌ国際映画祭会期中。
あの問題発言の真意はいかに・・・?
聞きどころ満載の2時間をお楽しみに!
映画公式グッズのおみやげご用意してお待ちしています。

『ハウス・ジャック・ビルト』
6月14日(金)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

監督:ラース・フォン・トリアー
出演:マット・ディロン、ブルーノ・ガンツ、ユマ・ サーマン、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、 ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
© ZENTROPA ENTERTAINMENTS31, ZENTROPA SWEDEN, SLOT MACHINE, ZENTROPA FRANCE, ZENTROPA KÖLN

映画HP http://housejackbuilt.jp/


【出演者プロフィール】
滝本誠(たきもと・まこと)
美術・映画・ミステリ評論家。主な著書に『きれいな猟奇―映画のアウトサイド』(平凡社)、『渋く、薄汚れ。―ノワール・ジャンルの快楽』(フィルムアート社)、『決定版 ツイン・ピークス究極読本』(監修、洋泉社)、『映画の乳首、絵画の腓 AC2017』(幻戯書房)。解説担当書にロバート・ヘンライ『アート・スピリット』(国書刊行会)などがある。

柳下毅一郎(やなした・きいちろう)
映画評論家・特殊翻訳家。雑誌『宝島』の編集者を経てフリー。ガース柳下の筆名で『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』(洋泉社/文春文庫)を町山智浩と共著。著書『興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史』(青土社)、『新世紀読書大全 書評1990-2010』(洋泉社)、『皆殺し映画通信 骨までしゃぶれ』(カンゼン)など多数。訳書にR・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)、監訳書に(東京創元社)など。

町山広美(まちやま・ひろみ)
放送作家・コラムニスト。ADを経て、20歳で放送作家に。バラエティー番組を持ち場として、現在の担当番組は『有吉ゼミ』『マツコの知らない世界』『MUSIC STATION』ほか。『幸せ!ボンビーガール』ではナレーターも兼任。
映画レビューは、おもに女性誌でこそこそ書き続けること、四半世紀 。

品川亮(しながわ・りょう)
文筆、編集、映像制作業。雑誌『STUDIO VOICE』元編集長。著書に『〈帰国子女〉という日本人』(彩流社)など。『絶望図書館』『トラウマ文学館』(ちくま文庫)、『絶望書店』(河出書房新社)では、英米文学作品の翻訳を担当。映像作品に『H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラーその他の物語』(東映アニメ)などがある。

http://bookandbeer.com/event/20190524/