東京・下北沢

本屋 B&B

ホンヤ ビー&ビー

TEL03-6450-8272 HPhttp://bookandbeer.com/ 最寄り駅京王・小田急「下北沢」
営業時間12:00~24:00 定休日年中無休

イベントお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-10 小林エリコ×鈴木大介 「二人で”弱さの情報公開”」 『わたしはなにも悪くない』(晶文社)刊行記念
ブラックな職場での過酷な労働体験からのうつ病、精神病院への入院、貧困、生活保護、機能不全家族との葛藤など、困難のオンパレードの人生を歩んできた小林エリコさん。その体験をまとめたエッセイ『わたしはなにも悪くない』は、死にたい、苦しい、生きているのがいやになった、など同じ困難を抱えているひとたちから、大きな反響を呼んでいます。

この本の刊行を記念して、高次脳機能障害の当事者である文筆業・鈴木大介さんとの対談を企画しました!

精神疾患と脳の機能障害、それぞれの困難を抱えたお二人の執筆活動は、いわば「声をあげたくてもあげられないでいる人たち」になり代わり、その声を代弁するもの。二人の「弱さの情報公開」を通じて、困難ななかでも絶望せず、ゆっくりと降りていける生き方のイメージが伝わればと思います。
みなさまのご来場をお待ちしています。

ぜひご参加ください!

【出演者プロフィール】
小林エリコ(こばやし・えりこ)
1977年生まれ。茨城県出身。短大卒業後、エロ漫画雑誌の編集に携わるも自殺を図り退職、のちに精神障害者手帳を取得。現在は通院を続けながら、NPO法人で事務員として働く。ミニコミ「精神病新聞」を発行するほか、漫画家としても活動。自殺未遂の体験から再生までを振り返った著書『この地獄を生きるのだ』(イースト・プレス)が大きな反響を呼ぶ。

鈴木大介(すずき・だいすけ)
1973年千葉県生まれ。文筆業。家出少女、貧困層の売春、若者の詐欺集団など、社会からこぼれ落ちた人々を主な取材対象とする。著書に、『最貧困女子』(幻冬舎新書)、『家のない少女たち』(宝島SUGOI文庫)『最貧困シングルマザー』(朝日文庫)『老人喰い』(ちくま新書)『脳が壊れた』『脳は回復する』(新潮新書)など。またコミック『ギャングース』(講談社、原案『ギャングース・ファイル 家のない少年たち』〈講談社文庫〉)ではストーリー共同制作を担当。

http://bookandbeer.com/event/20190610/