神戸・岡本

まめ書房

マメショボウ

TEL090-8209-3730 HPhttp://mameshobo.weebly.com 最寄り駅阪急「岡本」、JR「摂津本山」
営業時間11:00〜19:00 定休日水・木 曜日
このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽  沖縄は歌の島 ウチナー音楽の500年


著 者:藤田正
出版社:晶文社

南の島々で生まれ、唄われてきた沖縄音楽の世界は、古典的な琉歌や組踊、庶民に親しまれた俗謡やエイサーなど、一口に「沖縄民謡」ではくくれないほど豊かで奥が深いもの。
その500年の歴史を俯瞰しながら、著名なミュージシャンの経歴や名曲の成り立ちを解説してくれる絶好の入門書がこちら。
取り上げられるのは、沖縄版ロマ?とも言える伝説の唄者・赤犬子、18世紀のアイドル・吉屋鶴、戦前〜戦後の沖縄音楽を牽引した普久原朝喜、嘉手苅林昌、照屋林助から、70年代〜00年代のウチナー・ポップを代表する喜納昌吉、りんけんバンド、安室奈美恵やKiroroまで…。
著者・藤田正の文はわかりやすく、沖縄と音楽全体へのリスペクトに溢れていて、音楽の解説本でありながら読む者の心を暖かくしてくれる、そんな稀有な一冊です。