神戸・岡本

まめ書房

マメショボウ

TEL090-8209-3730 HPhttp://mameshobo.weebly.com 最寄り駅阪急「岡本」、JR「摂津本山」
営業時間11:00〜19:00 定休日水・木 曜日
このエントリーをはてなブックマークに追加
小説  豚の報い


著 者:又吉栄喜
出版社:文藝春秋

ある夜、バーに豚が闖入して店の女性がマブイ(魂)を落とす。
主人公正吉と店の女性三人は厄落としの儀式を行うため離島を訪れる…こんな形で始まるストーリーは、これがもし東京ならありえない事にも思えますが、沖縄が舞台となると不思議なリアリティがあります。
マブイや御嶽(ウタキ)といった、現代社会の中にも息づく沖縄のアニミズムと、沖縄言葉のおおらかな会話の妙が生み出す独特な世界観。
そして昼の強い日差しと夜の月明かり、生者と死者、穢れと浄化、救済を求める者と救う者…さまざまな対比の中から濃密な人間関係が浮かび上がり、読後には生きるエネルギーを少し分けてもらったような気持ちになれる。
「豚の報い」は、そんな小説です。