東京・世田谷

サロン ことたりぬ

サロン コトタリヌ

TEL03-6450-8961 HPhttp://talc-p.com/cototarinu/index.html 最寄り駅東急世田谷線「若林」
営業時間13:00-翌1:00 定休日木曜定休
このエントリーをはてなブックマークに追加
教養 アート  ALFRED WALLIS アルフレッド・ウォリス


出版社:東京新聞

アルフレッド・ウォリスは70歳を超えてから絵を描き始めた画家だ。
晩年17年をかけて制作された数千点の一部はいわば彼の人生の走馬灯のようなものではないかと思う。
絵の教育を受けた訳ではなく、また誰かに用意された訳でも無い。
実際晩年の彼は人付き合いも少なく孤独な老人だったようだ。
しかしそれは単なる懐古的な作品群ではなく、晩年に起きた海難事故の絵を描いていることから彼は絵描きとしてその時代を生きていたのだ。身の回りにある全てのものに絵を描いてしまうほどに、実際、木箱や壺やトレイ、家具、家の壁などに描かれた絵が残されている。
また彼は生きているうちに高い評価を受けている、本人が受け取る金額はわずかなものだったらしいが、それを欲して高額な金を出す富裕層や援助する美術家も存在している。
夢中になった子供のようにパワフルでちょっと稚拙なウォリスの絵が私は好きだ。