TOPICS

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-08-04 前回のNHK「日曜美術館」で紹介された田中一村。
50歳にして中央画壇と絶縁、一人奄美に移住して、島の植物や鳥、魚など独特の自然を描いた孤高の画家です。
その絵からは南国の森の濃厚な空気や生命力までが伝わってくるよう。
そんな一村の生涯を、綿密な取材を元に描いたのがこちらの2冊。 まめ書房



スポンサーリンク