TOPICS

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-26 著作「まっ直ぐに本を売る」などで知られるライター、石橋毅史さん発行のフリーペーパー「本屋な日々」。
最新の66, 67号は、昨年12月に取材された沖縄の書店に関する内容です。 66号は、古書店組合の競り市のお話。 外からは見えない古書店の「仕事の現場」の様子が活き活きと描かれています。

67号はBOOKSじのん、くじらブックスなど個性的な書店の取材を通して、石橋さんが沖縄で見た物・感じた事が綴られます。 また当時沖縄へ出張していた、私達まめ書房についても触れられています(嬉しいです!ありがとうございます)。

石橋さんの丁寧な取材と、沖縄の書店や本への真摯な想いから生まれた、とても読み応えのあるフリーペーパー。 66, 67号共に少しだけ在庫がありますので、ご興味のある方は店頭にてお申し出ください。 まめ書房



スポンサーリンク