TOPICS

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-10 暑い日が続きますが、子ども達には嬉しい夏休みですね。
夏休みと言えば、宿題の読書感想文に何を読もうか、迷っているお子さんはいませんか?
まめ書房にも、沖縄を舞台にした素敵な本がありますよ〜
😊

「ぼくのおじいちゃん、ぼくの沖縄」は、小学校中学年以上を対象にした小説。
埼玉の少年「光」は6年生になってから不登校を続けていましたが、ふとしたきっかけから一人で沖縄を訪れる事に。
沖縄では、かつて家族を捨てて蒸発した祖父と出会い、また沖縄の歴史や基地問題にも触れていきます。

沖縄から帰った光はある「秘密」を持ち、少年から青年へと成長を始めます。
登場人物の心の動きが丁寧に描かれ、大人が読んでも十分に味わえる内容。
夏休みにぜひ親子で読んでほしい、心あたたまる物語です。 まめ書房



スポンサーリンク