TOPICS

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-01-24 -G.ガルシア=マルケス-『エレンディラ』
それを聞いた二人は、翼という不都合なものの存在を無視して、これは間違いなく、暴風雨でやられた外国船のただ一人の生存者だという結論に達したが、それでも念のために、生と死に関わりのあることならなんでも心得ている隣家の女を呼んで、見てもらった。彼女はひと目見ただけで、二人の思い違いを指摘した。「これは、天使だよ」と彼女は言った。「きっと、子供のことで来たんだね。でも気の毒に、年を取りすぎていて、雨にはたき落とされたのさ」 ブッククラブ回



スポンサーリンク