地球家族 ~世界30か国のふつうの暮らし~
 【文章スタイリスト】 武田 みはる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-09-05 12:58:48

「申し訳ありませんが、家の中のものを全部、家の前に出して写真を撮らせてください」

 

こんな依頼が来たらどうしますか?

無理、むり、ムリ~~

色あせたソファーも、ひしゃげたままずっと使っている座椅子も、古い扇風機も全部家の前に出して

生活すべてを写真にさらけ出すなんて!!と、

興味津々で手に入れた一冊です。

かなり古い本で恐縮ですが、現在は続巻となるものと「世界の食卓」という第3巻が発刊されています。

”国連国際家族年1994”に向けて、世界30か国の平均的な家族(その国の中流家庭を選んでいるところに注目)の暮らしを如実に映し出すことで、

豊かな社会と貧しい社会の物資や環境の落差の統計を見ようとするカメラマン ピーター・メンツウェル率いるプロジェクトチームが残した壮大な写真芸術である。

という、堅苦しい文言より、写真が語りかけてくるものがとてつもなく大きい。

パラパラとめくっただけでも、マリのナトマ一家とそのあとのクウェートのアブドゥラ家との対比はキョーレツ。

鍬や鋤、つぼや鎌をバックに土の家の前に座ったナトマさんと第一婦人、第二婦人とその子供たち。

一方、ベンツを2台含む高級外車4台と、24人掛けのソファ(24人掛けソファが家庭にあるのを初めて見た!)、

ダイニングテーブルセットが3つ以上、航空写真でしか納まらない豪華で豪勢な家屋のアブドゥラ家。

20年以上まえなので、まだアルカイダやISの台頭もないころ。

イラクでは屋上で家族が笑って写真に写っています。

当時内戦の激しかったボスニアでは、銃撃で破壊された家屋の前で、政府軍の兵士が銃をもって構えた中での撮影でした。

時代背景が如実に写しだされています。

私が興味深かったのは、貧富の差よりも、家庭における女性の立場の違いです。

概して、発展途上国と言われる国の女性は、家庭での地位が低く、朝から晩までずーっと働きづめです。子育て、家事、仕事・・・そして、多子家庭で、一夫多妻制。

国の経済的発展は、総じて女性の地位向上につながっているのか・・・

もうひとつ興味深かったのが、巻末にある「世界のトイレ」。

トイレはその国の衛生観念や技術の差、経済的文化の違いをユーモラスに見せてくれます。

クウェートの大理石のトイレ。

マリのトイレは地面に穴を掘っただけ。

中国ではトイレは豚小屋と一緒で、堆肥をそのまま使える効率を重視している。

エチオピアやインドは大自然がトイレ(だから草原やガンジス河の写真しかない)

貧富の差を感じるのもいい。相対的な幸福度を感じるのもいい。中流とはなにかを想うのもいい。

しかし、それらを超越する何かがこの一冊から伝わってくる。地球は広くて大きいを超えたもの。

最後に「世界のこども」ページがあり、ここではどの国の子どもも笑っている。

彼らは今、30代の大人になっているだろう。

今も笑って暮らしていることを祈る。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

【文章スタイリスト】 武田 みはる


似合う色と文章で「見た目」と「ココロ」の両面からあなたらしさを表現します。 本屋さんと文房具とお酒が大好きな大阪在住の文章スタイリスト。 http://write-stylist.blogspot.jp http://ameblo.jp/nonajarinko

【文章スタイリスト】 武田 みはるさんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【読読】 なかがわ

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 加間衣記 kama iki

 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ