ほとんど意味をなさなかったカメラの練習。
【読読】 なかがわ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-09-18 22:17:49

 

前回、本屋さんの写真を大量に撮影し、それをアップするようなサイトを構想していたことを書きました。で、カメラマンさんにすべてを撮影してもらうことはもとより、時間的・予算的に営業+撮影といったカタチで全店舗2回以上行くのも難しいということも少し書きましたが、じゃ、営業に行った際にぼくが撮影したらええのんとちがいますのん。そしたら1回の訪問ですむわけだし。そんなことを思ったのでした。

 

本屋さんに営業に行ってサイトの説明をし、なんとか参加を承諾いただいた流れで撮影までお願いする。本当にそんなことができるのか。それはお店的にも、自分の体力的な側面においても不安があるように思われましたが、ここではひとまずそれらの問題は横に置き、カメラ・撮影のことのみに関して考えてみます。

 

問題は腕前と機材で、ひとまずぼく個人の技術的なことはおいておくとして、持っているカメラは何年か前に、そんな使いもしないのに調子にもって買ったGRⅡくらい。といって潤沢な予算があるわけでもなし、ひとまずそれで練習しよかとなって、知人のカメラマン・M君にお願いして、6月上旬のある日、撮影の練習会を敢行しました。

 

京都・三条河原町にあるスマートコーヒーのサンドイッチが無性に食べたくなったので、昼過ぎにスマートコーヒー前で待ち合わせをし、ご飯を食べた後に鴨川の川原で撮影の練習をする予定でした。しかしながら、当日は雨。ついてないな、どうしょうかな、と文句を言ってても始まらないので、とりあえず徒歩5分くらいのところにある100000tに行こかとなりました。というと、突然の雨にみまわれ、無念にも急きょ予定を変更せざるをえなかったみたいな印象を与えるかもしれませんがそんなんことはなくて、というかそもそも100000tに行くことは当初から予定に入っていたことで、先日のお礼も兼ねて加地さんに挨拶するというのもあるけど、川原でちょっと練習した後、本屋さんを撮影する実践の場として、さっそく100000tで練習させてもらおうと企んでいたのでした。

 

スマートコーヒーのたまごサンド

 

100000tからホホホ座へ

 

お店に行くと、加地さんとの会話が中心となり、肝心のカメラの練習は一向に行われませんでした(そのあいだ、カメラマンさんは店内を撮影)。で、これは前回100000tにお伺いしたときもそうだったんですけど、「ホホホ座の山下くんやったら、ぼくなんかより興味持って聞いてくれるんちゃうかな」と加地さんがおっしゃってて、「なんやったら、今日これから行ってきたらええやん。今からちょっと電話してみるわ」そう言って実際に電話をかけられました。

 

何してんの? いまヒマやろ? とかなんとか言いつつ、これこれこうで、こういう人が今からそっちに行くから、みたいな感じの簡単な説明をしてくださり、「OK言うてるわ」ということで、急きょホホホ座に向かうことになりました。

 

なんか、これこそ急な展開やなと思いつつ、事前に加地さんとぼくとで「また、山下くんにも声かけとくわー」「お願いします」みたいなやりとりをしていても、どっちかがよっぽど積極的に動きでもしない限りなかなか実現しなかったりするものだから、これくらい強引な流れで進展したのが結果的によかったのかもしれません。

 

というわけで、「ぜんぜん写真の練習してませんやんか」とカメラマンのM君につっこまれつつ、ぼくたちはホホホ座をめざすべく100000tを後にし、雨の中、最寄りとなる三條京阪近くのバス停に向かったのでした。                                                           

100000tアローントコの店内写真。                                                         つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

【読読】なかがわ


読読 よんどく?を運営しています。オムライスとコーヒーが好きです。ビールも好きです。仕事はライターをしています。

なかがわさんの他の記事を読む



スポンサーリンク

others

【誠光社】 堀部 篤史

【古書ドリス】 喜多義治

【July Books/七月書房】 宮重 倫子

【CafeT.M. en】 城戸 実地

【曙光堂書店】 長坂 ひかる

【大吉堂】 戸井 律郎

【スロウな本屋】 小倉 みゆき

【トロル】 関本

【まめ書房 】 金澤 伸昭

【古本と珈琲 モジカ】 西村 優作

【喫茶ジジ】 四宮 真澄

【パンヲカタル 】 浅香 正和

【つむぎ】 田川 恵子

【古本屋ワールドエンズガーデン 】 小沢 悠介

【POTEN PRODUCTS】 森田ヨシタカ

 絵描き kaoru

【書肆スウィートヒアアフター】 宮崎 勝歓

【Satellite】 桑田 奈美枝

 若輩者

【homehome】 うめのたかし

【四々三結社】 蜆不水

 みやした けい

【町家古本はんのき】 仮

 葵美澄

【Amleteron】 アマヤ フミヨ

【ひるねこBOOKS】 小張 隆

【古書サンカクヤマ】 粟生田 由布子

【 nashinoki 】 前田 雅彦

【天牛書店】 天牛 美矢子

【葉ね文庫】 池上 規公子

 佐藤 司

【サロン ことたりぬ】 胡乱な人

 加間衣記 kama iki

 郁

【編集者・ライター】 石川 歩

 【文章スタイリスト】 武田 みはる

 クボタ カナ

【イラストレーター】 福岡麻利子

 美夏

【立命館大学】 立命PENクラブ

 たまの

【心斎橋アセンス】 磯上竜也

 Takahiro Sawamura

 保田穂

【詩人】 素潜り旬

【個人】 前田ヨウイチ

 夏美

 たかぎ

 おとなの絵本プロジェクト

 かづさ

 まみ